回顧録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験勉強回顧録(3)<高校3年1学期>

前回の記事でも書いたとおり、、私の早慶大合格作戦を読んだのは正解でした。

これだけたくさんの合格体験記を読むと、自分も早稲田に合格できる気持ちになってきました。

まずはモチベーションを高く保つこと!いいイメージは出来上がりです。

しかし、まだ難題が・・・。それは前回の記事でも書いたとおり自宅から通える範囲には予備校がないこと・・・。

う〜ん、う〜ん。考え込んでしまいました。とはいえ、学校も心もとないし・・・。

そんな時にふっと思い出したのがZ会。よくCMでも目にし、耳にします。

藁にもすがる思いで資料請求。


ビビビッときました。

①問題が難しそう
 →これだけやればきっと大丈夫!って気になるはず。

②やたらと詳しい解説
 →他に頼りどころがなかったyutaにはとっても心強い味方になるはず!!


この2点が最初に始めた動機。父親、母親にお願いをして、なんとか始めさせてもらいました。


さて、この予感が吉と出るか、凶と出るかはまた次回以降・・・。でも、始めるなら早いほうが良いですよ!!



↓悩んだら、まずはクリック。そして無料資料請求をどうぞ!

通信教育のZ会





↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

受験勉強回顧録(1)<高校3年1学期>

早稲田大学現役合格を目指して・・・

さて、いろいろな体験談があります。

ここから先は時期折々に体験談を語ります。


さて、早稲田を目指した高校3年生の春。まず、手を付けたのが英語。


もともと、高校2年生までは授業くらいしかやっていませんでした。さすがに3年生になって受験勉強らしいことを始めなければ・・・、と思ってまずやったのが受験体験記を熟読すること。

周囲に早稲田志望の友達はほとんどいませんでした。

地方の進学校と呼ばれる高校はどちらかと言えば、国公立志向がほとんどだと思います。こんな世の中ですし。


まずはどんな道筋で勉強すればよいか・・・。それを探しました。


そして気づいたのが、やはり英語をまずはしっかり固める必要があるということ。


とにかく、1学期は英文を読めるようになることを目標にしていました。


とはいえ、当時の偏差値はそんなにかんばしいものではありません。

某K塾主催の全国模試を学校で受けさせられましたが、偏差値が57.7。

こりゃいかんとちょっとだけ焦ってました。


元来がこらえ性のない性格なので、まず心がけたのが1日に進める分量を確実に決めること。

「●章までやる!」

とか

「2単元は進める!」

とか

とにかく1日のノルマを決めました。その根拠としてはおおよそ1冊の参考書を1ヶ月で終わらせられるくらいのペース。

そして、自分にあまりにも無理がないペース。無理しちゃうと途中で諦めると思ったので。


まずは確実に英語の勉強を進めつつ、勉強する癖を付けることを第一の目的としました。


今思えば、このスタートが非常に大きかったなぁ・・・、と。


この続きは次回!不定期で回顧録を書いていきます!


↓悩んだら、まずはクリック。そして無料資料請求をどうぞ!

通信教育のZ会





↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。