英語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語にもう一つ必要なこと!

<サクサク進める文法チェック!>

覚えたことをアウトプット出来てこそ、初めて身に付けた力が一つの成果となって現れます。

そのためには問題演習が必要ですが、時間が掛かってしまっては元も子もないもの。


サクサク進められて良かったと思った一冊大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ)です。



チェック用に最適です。

ここまでに紹介してきた、基礎英文法問題精講や、英文法・語法のトレーニング1 戦略編改訂版 入試必勝の攻撃点314に取り組んだあとであれば、比較的サクサク進められるはず。

これで最終的な英文法問題などを総チェックすることで、覚えてきた知識を定着させます。


本当にサクサク進められるので、「解ける喜び」みたいなものも実感できます。

これをできれば、最終的には2回通り解けてしまえば、もう「完成」といっても良いかと。


長文読解などについてはまた別なのですが、その前の英語基礎力の総チェックとしてはベストな1冊です。

次のステップに進む前に、最終チェック的に使うのにオススメの一冊。

これもやっぱり6〜7月くらいから取り組めればペースとしては大丈夫!頑張っていきましょう!


↓悩んだら、まずはクリック。そして無料資料請求をどうぞ!

通信教育のZ会





↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

基礎から受験レベルまでこれ一冊で!

<英語は一歩一歩地道に進める!>

さて、基礎英文法問題精講速読英単語 必修編 改訂第5版英文法・語法のトレーニング1 戦略編改訂版 入試必勝の攻撃点314をオススメしてきました。

ここまでは、単語や文法の基礎固めに必要なことです。

しかし6月に入ったら、いよいよ英文を読む力を付けていく必要があります。


はっきり言って、これで十分というのが基礎英文問題精講です。





数多くの英文を読むことができます。これ一冊あれば、正直ところ、センター試験や早稲田レベルの英語試験に対応できる英語力は十分に身につきます。

英文の意味を「理解する力」を付けるのには最適な一刷です。

この問題集に取り組んでみて、もし「難しい」とか「全然わからない」ということがあったら、それは単語力が不足しているのか、それとも文法を理解していないのか、ということをしっかりと見極めましょう。

そして不足している部分にもう一度立ち返る必要があります。

焦って取り組む必要はなく、着実に進めていけば必ず受験英語への対応力は身につきます。

一度と言わず、二度三度と取り組んでみてください。

だいたい夏休み前半までにこれが終われば、ペース的には十分!

長文などの問題への取り組みは夏休み後半からで絶対に間に合います!だからこそ、焦らず地道に。

もう一度言います。焦らず地道に。

着実に一歩一歩進めていくことが実は合格への大きな近道なのです!


↓悩んだら、まずはクリック。そして無料資料請求をどうぞ!

通信教育のZ会





↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

<英語>次へステップ!

<1学期は徹底して、英語が重要!!>

さて、「英語は慣れる」ことが大切だということは前回述べました。

とはいっても、一朝一夕に慣れるものではありません。まずはそういう感覚を持ちましょう!くらいに思っていてください。


さて、基礎英文法問題精講速読英単語 必修編 改訂第5版などを一通り、終えてしまった!という方もいるかもしれません。


次のステップとしてオススメなのが英文法・語法のトレーニング1 戦略編改訂版 入試必勝の攻撃点314です。



若干分量は少ないかな、とも思いますが、解説が的確です。

文法の復習としても最適かと思います。


文法だけにとらわれていても英語の問題は解けるようにはなりませんが、あくまで取っ掛りの部分としては文法をきっちり抑えることが英文を読めるようになるための基本になります。面倒くさいと思うこともあるかとは思いますが、今後受験勉強を進めていく上では大きな力になります。

これくらいのことをやっていれば、1学期の進み具合としては上々です。


まずはここから。きっちりと進めていきましょう!



↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

英語に慣れろ!

<受験全般のカギは英語にあり!>

受験勉強でまずは何よりも英語を固めることがこの時期は大切です。

これまでも基礎英文法問題精講速読英単語 必修編 改訂第5版などを紹介してきました。


これらの参考書でまず抑えて欲しいのは「英語に慣れる」こと。


当たり前のことかもしれませんが、日本語と英語は全然違います。

例えば、日本語なら

「私は」「学校に」「行く」

という文章が英語になると英語の場合は

 I     go  to school.
「私は」「行く」「学校に」

というように順番が変わります。


これが英語を読みづらくするひとつの理由。

逆にほかの言語を使う人が日本人よりも時として英語に慣れやすいと言われる所以です。

だから慣れることが大切です。


もちろん、各単元ごとにしっかりと理解して基礎力を付けることも大切です。

それと同じくらい「毎日」英語に取り組むことが重要です。


上に挙げた基礎英文法問題精講速読英単語 必修編 改訂第5版などはそれほど一単元の分量は多くありません。


だからこそ、毎日1〜2時間は英語の学習に取り組みましょう。

今から夏休みまではおよそ2ヶ月。継続は力なり、です。

2ヶ月あれば、だいぶ変わります。天王山の夏に向けて、まずは基礎的な部分を固める1学期にしましょう!


↓悩んだら、まずはクリック。そして無料資料請求をどうぞ!






↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

春先から始めて克服する!英語勉強法

<英語の克服が受験の第一歩>

受験前年の春。まずはこの時期に何をするのか迷う人も多いと思います。もちろん、それぞれの方の計画をもって、実行していけば良いです。


でも、多少でも迷っていたらまずは「英語」に手を付けましょう。


何よりも時間がかかります。それも半端ではなく。


以前からおススメしている「速読英単語」で英文に慣れていくことも大切ですが、それと同時にやはり文法をまずは固めましょう。


ここでの前提はあくまで「学校の授業は多少なりとも聞いている」ことを前提にしています。

学校の授業が「全く」出来ない場合は、まず学校で配られた問題集を一度解くことをおススメします。


そのうえで、文法をまずは理解し、英語の基礎力を身に着けるためにおススメする参考書がこれです。






この本は正直、ちょっと読みにくいです。

その理由は少しだけとっつきづらい解説にあります。

しかし、力はつきます。確実に。

まずはこの一冊を着実に取り組むことがおススメです。

大学受験ではずっと使われているベストセラー。それだけ信頼感も厚いです。


単語を覚えつつ、この一冊に取り組むだけでも良いです。春先は。

まずはここから英語への取り組みをスタートさせましょう。

↓一応宣伝してますが、もし興味があったらまずは資料請求だけでもしてみることをおススメします。






↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。