受験体験記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田大学受験記 ~最終回~

<地方からでもやればできる!早稲田大学現役合格への道>

さて、受験も終わり、自宅でのんびりしていました。

とはいえ、この時期は気が気じゃありません。何をしていても手につかない感じ。

早稲田の受験が終わったのが2月23日。

合格発表は2月27日、28日の2日間。


午前9時に合格発表でしたが、ここは地方受験者のつらいところ。合格発表をさすがに見に行くほどの
余裕も財力もありませんでした。


合格電報などのサービスもありましたが、ここは電話での発表を選択。

当時はネットを見られる環境にありませんでした。


時間ごとに区切っての電話発表。

2月27日。最初は第一文学部です。

時間がきて、恐る恐る電話…。

音声ガイダンスに従って、受験番号、暗証番号を入力…。

両親も妹も同じ部屋で見守っています。


「・・・・・・・・(待っている間は長い・・・)・・・・

受験番号●●●●番の方は

・・・・(ここがやけに長く感じました)・・・・・・

残念ながら不合格です」

呆然としました。これまでの1年間が無駄になったような。

もう一度同じ音声を聞いて、間違いじゃないことを確認したところで目の前の両親に報告。

残念な様子ですでに気づいたようです。


で、両親は居ても立っても居られない様子で買い物に出かけました。


さて、次は教育学部の合格発表。


同じく受験番号、電話番号を入力。

「・・・・・・・・(待っている間は長い・・・)・・・・

受験番号●●●●番の方は

・・・・(ここがやけに長く感じました)・・・・・・

おめでとうございます!合格です!」


「えっ!?」


思わず声が出てしまいました。

もう一度聞きなおします。

「受験番号●●●●番の方は おめでとうございます!合格です!」


狂喜しました。喜びが爆発するってことは、このことをいうんだなぁ・・・。って、初めて思いました。


買い物から帰ってきた両親にも報告。長いようで短かった受験生活が終わりました。


2月28日の翌日は政治経済学部、法学部の合格発表。


まずは政治経済学部でしたが電話で聞き、合格。


これでもう、ジッとしていられなくなり、一路早稲田へ。

新幹線で●万円かけて向かいました。



誰もいなくなった、閑散としたキャンパス。きっと、午前中は合格発表を見に来た人でごった返していたんでしょう。

人がまばらなキャンパスで、合格発表の掲示板を確認しました。

自分の受験番号を見つけてさらに合格を実感・・・。


嬉しいという気持ちよりも、なんだか力が抜けたような・・・。

何とも言えない思いに包まれて、受験生活が終わりを告げました。


さて、ここまで大学受験当日にスポットを当てて、受験体験記を書き連ねてきました。

これから大学受験を迎える皆様に少しでも試験の臨場感を体験してもらえれば、と思ってます。


さて、これからはこれから受験勉強を始める方の参考になるように、

勉強方法を紹介していきます。


これから受験する皆さん!自分を信じて頑張ってください!!

↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

早稲田じゃないけど受験体験記・・・

「早稲田大学現役合格!目指しているが不安な日々・・・。」

というのが、偽らざる本心でした。

さて、早稲田大学の現役受験のチャレンジが終了しました。

とはいえ、実はもう一校、首都にある公立大学受験が残っています。


実はこれ、学校側との約束でした。

というのも、私立専願に決めたのが高2の冬だったんですが、意外と実は
数学が得意な高校生でした。数学Cまでやってました。

だからこそ、担任からの進路指導の際には私立専願を頑として断られました。

といっても、本人の人生なんだから、自由に決めさせてくれても良い気もします。
ただ、地方の進学校にとって「国公立大学●●人合格!」という受験実績は
とっても大事なものなのです。
こんな景気ですし。


だからこそ、担任も必死。

こちらも必死。


妥協点が3教科受験可能な某公立大学受験です。


正直、3教科受験が可能な時点で、私立併願を念頭に置いてます。
センター試験は7割くらいは必要だったような記憶がありますが、
二次試験はとっても素直。オール記述式(とはいっても選択問題あり)なので
早稲田を目指した勉強で十分対応できます。


慣れ親しんだ新宿のビジネスホテルをチェックアウトしました。

10連泊したホテル。ホントに人とも会えず嫌になりましたが、
やっぱり最後はなんだか寂しいもの・・・。

最後はテーブルに雑巾がけまでしちゃいました(手拭いタオルで・・・)。


で、この日は新宿→八王子への移動日。


朝10時にチェックアウトし、やっぱり暇です。

一応、受験会場の下見はこの日もしますが、それでも時間が余る予定。

やっぱり東京観光に行きました。この日は新宿。


田舎者にとっては、すごく疲れました。しかもあんまり見るところがないし。


早めに4時にはホテルにチェックインしましたが、勉強も特にやる気なし。

リラックスした夕食タイムでしたが、ここでハプニング。

円卓での食事だったんですが、同じテーブルに座った6名が妙に仲良くなってしまい。
食事をしながら、雑談の嵐。皆、当然のごとく受験生だったのですが、
初対面6人があんなに仲良くなれるの!?っていうくらいしゃべり倒しました。
もちろん、周りのテーブルは沈黙が続いてます。

完全に会場じゃ浮いた雰囲気のテーブルでした。
しかも、それだけじゃ飽きたらず、食事の後に1部屋に集合して話し続け。


yutaも久しぶりの人との触れ合いに嬉しくなっちゃって、夜遅くまでしゃべってました。


一期一会とは言うけど、翌日以降、彼らとは一度もあっていません。
というか、顔も今じゃ覚えていません。

皆が受験を翌日に控えた緊張の夜、思いがけずに会えた仲間との語らいは今思っても
一つの奇蹟だったなぁ…、と思いますよ。

貴重な良い思い出でした。

そんなこんなでストレスも解消できて、この日はぐっすり就寝しました。



↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

早稲田大学受験記⑦

<東京観光を終えて、またも現役での早稲田大学合格を目指します!>

さて、2月23日は社会科学部受験。


実はこの日受験する早稲田大学社会科学部ですが、唯一過去問を解きませんでした。

それが裏目に・・・。


やはりいつも同様、9時過ぎに早稲田に到着。この日は大教室でした。
若干、教室が寒いです。

さて10時になって最初が英語。全問マークシートでした。

それに若干焦る・・・。マークシートはセンター試験以来ですが、問題の数すら把握していず。


とりあえず1問目から解き始めますが、ペース配分がつかめない。

問題自体は解けるんですが、あと何分で何問解けばよいかの感覚がつかめません。

急ぎつつも、フワフワした心持ちで試験に臨みます。

結局、時間内には終わったのですが、十分に見直す暇はありませんでした・・・。


で、国語、日本史も同じような状況。

もちろん、試験開始と同時に問題数の確認をして、頭の中で考えながらトライしているのですが、
“感覚”が大事です。本当に。


ということで、そこそこ解答はわかるものの手ごたえがあるのかないのかわからないまま試験終了。

何よりも悔しい思いをしました。


とは言え、これで早稲田大学の受験はすべて終了。

ちなみに早稲田の凄いところは、試験の帰りにすでにサークルへの勧誘が始まります。

ラテンアメリカ研究会のタイコや踊りの陽気な雰囲気を感じて「やっぱりこの大学に入りたい!」という思いを
強くした毎日でした。(試験日毎日何かしらのサークルがいますよ)

一言でいえば、学生の持つ「熱さ」みたいなものを一番感じた瞬間でした。


さて、早稲田に合格できるのかどうか・・・。人事を尽くして天命を待つ。


そんな心境になりつつも、受験日誌はあとちょっとだけ続きます。



↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

早稲田大学受験記⑥

<ヤマ場を終えてもまだまだ続く・・・>

これで受験ホテルも6泊目。新宿の都庁近くの風景にもいい加減飽きてきました。

2月22日は商学部試験日。ですが、yutaは商学部は受験しなかったため、この日はOFF。


正直、どう過ごすか迷いました。部屋で勉強するか、どうするか。


出した結論。午前中は遊びに行って、午後は部屋でゆったり。


部屋に午前中からいると

①寝てしまう恐れあり
②お昼ご飯はどこか外で食べなければいけない
③一日中一か所にいると飽きる

ということで、思い切って出かけることに。

yutaは秋葉原に出かけました。単純に興味があったからです(オタクではないですが・・・)


一日くらいは息抜きも大事です。これでリフレッシュできました。


とはいえ、午後はホテルの部屋に戻ってゆっくり。寒い時期なので風邪には注意!

もちろん、手洗い、うがいをしました。


ホテルの部屋に一日中いると、とにかくのどが渇きます。
空調のせいで乾燥しているのか・・・。

あとはボーっと勉強したり、テレビを見たり。


もちろん、前日までの試験の復習は欠かしません。

しゃかりきにならないまでも、完全には試験を忘れられない。受験生のツライところですね。


<スポンサーサイト>
↓受験を思い立ったらまずは情報収集!
↓yutaもこれで早稲田に合格しました。
↓無料資料請求が合格への第一歩!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

早稲田大学受験記⑤

<ここがホントの大一番。政経、法学部。早稲田大学受験の最大のヤマ場!>

前日の早稲田大学政治経済学部受験が思いのほか上手くいったので、心に余裕ができました。

さて、ホテルに帰って、前日と同じく問題の復習。もしかしたらまた同じところが出る可能性も・・・。
と、2匹目のドジョウを狙ってました。

とにかく、入試は1点が大事。1点差で何十人、下手したら100人単位の差になることも。
とれるものであれば、1点でも多くとる!という気合は大切です。精神論ですが・・・。


もうホテル暮らしも5泊目。いい加減に精神的にもピークに達してました。

何日か前の日記にも書きましたが、とにかく話し相手がいないということがこんなにつらいと思わず。
地方からの受験生の最大の敵と言ってもいいかもしれません。

気分転換がホントに大事になります。


さて、生活のリズムにも慣れてきました。同じ時間に眠くなり、朝は6時に目が覚めて。

こうなってくると、試験本番に体調のピークを持っていきやすくなります。

食事時間も、トイレの時間も、お風呂の時間も全部同じ。完全に試験に向けての体が出来上がってます。


さて、この日は早稲田大学法学部の試験日。
2011年1月現在では法学部はかなり前の試験日程になってしまいました。

↑これでこの受験記が2000年代のものだとバレちゃいますね・・・。


さて、当時は2月20日政治経済学部、21日法学部、23日社会科学部でした。
※22日商学部でしたが、yutaは受験せず。


早稲田大学法学部は他学部とは一味違う問題傾向。

英作文があったり、文法問題があったり。
現代文もけっこう語彙力が大事だったりします。

でも、この傾向がyutaにあっていたのか、過去問トライではいつも高得点で相性が一番良かったんです。

やや緊張しながらも、一番自信を持って試験に臨めた学部でした。
このあたりも過去問演習の効果じゃないでしょうか?

過去問はあくまで過去問ですが、おおまかな出題傾向がガラッと変化する年は稀です。

ですから、過去問が十二分に解けるということは、自信を持って試験に臨めるはず。

そんなことからも、合格のカギはやはり「過去問にあり」というのは使い古されていますが、王道です。


さて、この日も英語、国語は順調に。試験時間も余り、何度見なおしても間違いない確信ばかり。

で、最後は日本史…だったんですが。予想外にこの年は文化史が出て焦りました。

実は、日本史は最後の文化史までは手が回らず、やや手つかずだったのです。
そこに文化史が出てしまったので、そこの大問だけは全滅・・・。

正直どうしようかパニックになりかけましたが、試験本番ではある種の開き直りも必要。

その場でいくら考え込んでも、知らないものは分かりません。

もちろん、一目見てわからないからと言ってあきらめるのは早計ですが、2回3回考えてもわからなかったら
おそらくその試験時間内に分かるようにはならないか、と。

それだったら、わからない問題にに時間を割くよりは他をパーフェクトに解くことを考える方が効果的です。
一番避けなければならないのが、わかる問題まで共倒れしてしまうこと。

ある種のあきらめも肝心です。

で、この日のyutaもこの大問だけは後回しにして、ほかに注力しました。

幸い、ほかの問題は勉強した記憶がある問題ばかりで、パーフェクトじゃないか!?と思うほどの出来!!


こうして、何とか早稲田大学法学部受験も乗り切り、最大のヤマ場は乗り越えることができました・・・。


<スポンサーサイト>
↓受験を思い立ったらまずは情報収集!
↓yutaもこれで早稲田に合格しました。
↓無料資料請求が合格への第一歩!
通信教育のZ会





↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。