高校3年以前の勉強方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校2年時の勉強方法 ~タイムスケジュール~

<学校に行きつつ、早稲田を目指して現役合格!>

早稲田大学受験本番まであと一年以上・・・。さすがにこの時期から全力で勉強を始めてしまうと疲れてしまいます。

そりゃそうです。したいこともあります。バイト、部活動、遊びなどなど・・・。


平均的なタイムスケジュールはこんな感じでした・・・。

7:00 起床

9:00 学校

17:00 下校

19:00 帰宅・食事

20:00 TVタイム

21:00 勉強

23:00 リラックスタイム
   ・・・ラジオを聴いたり、本を読んだり。
24:00 就寝


だいたい1日の勉強時間は2時間くらいでした。

ただ、大事なのはシャカリキになる必要はないんですが、ある程度の勉強の進み具合を自分の中で把握してスケジュールすることは大切です。

例えば、前回おススメした基礎英文法問題精講をやるとして、一日何ページ、一週間でどこまで、一か月で一通り終わらせる、というような。


行き当たりばったりにならないためにもスケジューリングは肝心です。

そして、その通りに行かなかったときのための挽回スケジュールも組んでおきます。

たとえば、土曜日を復習日に充てておき、進んでいなかったら、その日に予定のところまで進める、というような予定の組み方です。


だいたい高校2年の基礎固めの時は一日1~2時間を目安に。

これから来る受験勉強に臨むためにも勉強癖をつけることも大切なことですよ!




↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

学校との勉強の両立

<地方進学校からの早稲田大学現役合格!>

これは意外に誰でもできます。毎年誰もがやっています。


さて、大学受験を意識しつつも、当然毎日学校に通っています。授業もあります。

授業はそれほどおろそかにしない方が良いです。

とはいえ、定期テストで明らかに「教科書」に特化したような問題をパーフェクトに解ける必要はないと思いますが、「校内実力テスト」のようなものがあった場合には、やはり勉強の到達度の一つの目安になります。


基本的に高校2年生までのこの時期は英語に力を入れていました。

よく言われることですが、英語はできるようになるまで意外と時間がかかります。やることも多いです。

だからこそ、地道に高校の授業も活用しながら英語力の養成を第一に考えましょう。


あとこの時期にお勧めの参考書はこれです。




ちょっと古い参考書ですが、これはとっても参考になります。本当に基礎の基礎ですが、英文が読めるようになるための基礎体力養成には欠かせません。

だいたいyutaはこれを高2の終わりまでに終わらせました。


問題も解説もなかなかのわかりやすさで、これでだいぶ英語の基礎力は身に付きました。

この時期は英文法がとにかくマストでした。ただ、単語の勉強も始めればよかったかな、とはちょっと後悔しています。この時期はただこれだけです。


まずは英語の基礎力固め!学校で配られた問題集も活用しつつ、基礎力養成に徹します。


↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


高校2年で受験勉強

<地方進学校から早稲田を目指すには・・・?>

さて、高校2年の夏に早稲田を目指すと決めました。

しかし、地方の進学校のつらいところ。それは基本的には国公立大学を目指した授業カリキュラムになっているところが多いんじゃないかと思います。

yutaが通っていた高校もそうでした。


しかし、それではなかなか効率的な勉強ができません。


もちろん、東大や京大、一橋大学なんかを目指しながら、併願で早稲田を受験し合格する人もいます。

それも一つの勉強方法。


ただ、早稲田(あるいは慶応などでも)に志望校を絞っているなら、受験科目もそれに合わせて勉強を進めていくのがもちろん効率的になります。


そして、出題形式や問われる内容も、独特のものがあります。

完全に特化していくのは高校3年秋以降といったところですが、やはり早稲田を目指すのであれば、スタートからそれ相応の勉強方法を意識していく必要があります。


有名な書籍ですが、これらの本でまずは勉強方法についての知識を仕入れました。

「私の早慶大合格作戦」(エール出版社)




あとは和田秀樹氏の著書(→ネットで見つからなかったんです…)も参考にしました。



これらの合格体験記(このブログもそうですが…)を見て、実際に合格している人がいる!と思えるだけでも、合格することがだいぶ身近に感じられると思います。


精神論になってしまいますが、「自分もできる!」と思い込めることも、受験に成功する大事な要素です。

とにかく成功する、合格する自分をイメージしてみましょう。


そんなこんなでとりあえず、勉強スタート~早稲田合格までの道筋を自分なりにイメージして受験へのスタートを切りました。

↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。