月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

高校3年生1学期①<英語>

<夏前はとにかく英語に注力しよう!>

さて、高校2年生以前は多少勉強らしきものはやっていたものの、そんなに特別なことはやっていませんでした。

しかし、高校3年生になり、やはり否が応でも受験勉強を意識します。

さて、ありきたりですが、やはりまずは英語から手を付けるべきだということは皆の意見が一致するところです。


まず、英語の受験勉強に入るにあたって、英語の全体スケジュールを考えます。

大まかに言って、英語力はこんな流れじゃないかな、ととらえました。


<語彙力>
→単語、イディオム(日本語でいう『ことわざ』みたいなもの?)

<文法>
→正しい順番で単語を並べなければ、意味が通じません。

<構文>
→文の構造。同時通訳で、変な感じに聞こえるのは日本語とは異なる文章構造だからです。

<長文読解>
→文章の理解。英語は日本語以上にロジカルです。


おおまかにこれら4つの範囲を念頭に置きました。

そして、まず1学期中、夏休み前までに「文法」と「語彙力」、「構文」をマスターすることにしました。

理由は単純。短い文章の集合体が長文。ということは、短い文書が読めなければ話になりません。


とはいえ、そのなかでも、まず真っ先に手を付けなければ…。と思ったのが語彙力。

基本的な単語がわからなければ、意味が全く理解できません。


単語は暗記になってしまいがちですが、ただ単に暗記しても、文章の中で意味を日本語に変換するのに時間がかかります。

ここでおススメは




です。ものすごく、有名な単語教材ですが、やはり文章の意味をとらえながら単語を覚えるのが一番記憶に定着します。

ただ、時間がかかるので、一日2単元を目安にすすめました。

理想の進め方は

①辞書で調べながら自分で和訳。

②和訳を見比べながら、重要語句のチェック
 →この時声を出すとよりベスト。

③文章の書いてある意味を理解したら、もう一度英文をその光景を思い浮かべながら読む。

大きくこの3つのステップです。

①をすることで、同時に英語の文法、構文を理解する手助けにもなります。

また、③はただ書いてある字面を暗記するだけでは、いざという時にパッと思い出せません。

しかし、何かしらの情景やイメージと一緒に理解すると、思った以上に記憶に定着します。


最初は時間もかかるし、思った以上に重要語句が覚えられないかもしれません。でも、これを続けていくうちに英語に慣れて、だんだんと英語が頭に入ってきます。


だからこそ、丁寧に取り組みましょう。

まずは単語を覚えつつ、英語に慣れていく。これが受験英語攻略の第一歩です。


↓受験勉強を始める前に!情報収集が合格への第一歩。まずは無料で資料請求を!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
| 2011年01月30日 | 英語 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。