模試の活かし方

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
模試を受ける意義はたくさんあると思います。

それぞれの意味を考えて有意義なものにしてください。

さて、出来た・出来ないで一喜一憂するのももちろん大事なことです。
私も模試の結果で喜びも悔しがりもしました。


一番やっちゃいけないこと = 落胆すること


落ち込んでたところで何も始まりません。
次に出来ればそれで良いんです!


さて、いろいろな模試がありますが、代々木ゼミナールやZ会が主催している

「●●大学模試」は結構役に立ちます。


現在の自分の客観的な立ち位置の把握もできますし、問題形式になれることもできます。

あと、独特のプレッシャーもあります。受験者は基本的にはそこの大学を志望してますから、

さながら本番同様の雰囲気です。


ということで模試を受けてからの活かし方ですが・・・

①自分の力が会場で発揮できるか確かめる
 →分かっていたのに・・・。というのは言い訳です。
  分かってることと問題が解けることは別物です。
  間違えたら、何があっても素直に「その問題を解く実力が無い」ことを自覚しましょう。


②出来ない弱点を正確に捉える
 →意外と模試の結果を並べるとどこが出来て、どこができないのかわかります。
  うっすら見えてきた苦手分野は想像以上に本番も危うくなります。
  よく言われることですが、次に出てきたときに絶対に解けるようにしておきましょう。
  それが学力アップの近道です。


模試はどんどん受けましょう。問題をとくことでしか、試験力はつきません。
それを念頭に置きつつ・・・。

スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。