地方からの受験体制・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
<地方の高校生だってやればできる!早稲田現役合格!!>が目標でした。


さて、地方の高校生にとって、一つの悩みが受験中の宿泊。特にハイシーズンはなかなか宿がとれません。

例えば、早稲田を受験するのにあたって、連日、他学部受験を続けたら何連泊もしなければいけません。
yutaは10連泊しました。同じ部屋に。


さて、そんなときに選ぶ宿の基準。

当たり前のことばかりを書きます。


①交通の便が良い。
②静かなこと。
③受験生パックがあると良い。
④受験会場(特に本命校)にタクシーで行ける距離。
⑤近くに自然がある。


これくらいでしょうか。他にもまだ何かあるかもしれませんが。

①は必須。受験校の最寄駅に乗り換えなしでいけるところを選びましょう。
yutaは早稲田受験の時には新宿のホテルでした。

②も大事。繁華街とか、大通りに面していると意外と車の音が気になります。
特に大通り沿いは夜中もタクシーとかトラックの交通量がけっこうあります。

③は周りに受験生がいるほうが、意外と同じ境遇の人を見て落ち着けます。

④については、最悪電車が止まった時のことを想定しましょう。
もちろん、電車事故の場合には遅延証明などで受験に不利にならないようには
しれくれますが、それでも心理的なハンディを抱えてしまいます。
いざという時にはタクシーを使ってもバチはあたりません。それくらい受験はナーバスです。

⑤も僕たちのような地方出身者には意外に大事なことなんです。
コンクリートジャングルという言葉もあるくらい、東京には自然がありません。
木々を見て、少しはリラックスしましょ。


宿選びも一つの大事な要素!本番で力を100%発揮するためには、ここを侮るなかれ!!

↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。