日本史の勉強方法~秋以降~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
<日本史は夏からの追い込みで十分間に合う!>

これが正直なところの感想です。

これまでの勉強方法は

日本史の勉強の仕方~その2~

日本の歴史は未知の世界!

あたりも参考にしてください。


この2つの記事で紹介したのが

①日本史Bの実況中継(参考書)を読んで流れを把握する

②教科書を精読し、知識をつける

③一問一答問題で知識を定着させる

という流れでした。

これで正直なところ、基礎力の養成は十分だと思ってます。


ここから先は苦手分野の克服。

これは人それぞれな部分があるので一概には紹介できませんが、yutaはとにかく近現代史が苦手でした。

日本戦後史頻出問題25(桐原書店)という本がおススメでしたが、ちょっと古い本なので今売ってるのかどうかは疑問です…。

あとはひたすらに問題演習。やっぱり赤本とZ会。これしかないです。


日本史を解く上では正確な知識があることが第一。これは前提条件です。

そして、もう一つが史料問題なんかが特にそうなんですが、キーワードから問われている時代を正確に把握して、解答に結び付けていける読解力。

これはセンスと反復練習です。史料から正しいキーワードを把握する力、キーワードからどの時代を問われているのかを理解する力。この2つが何よりも大切です。


これを養うためにはひたすら問題演習をやるしかない。これは一問一答式の問題集では養えません。


ただ、これらの手順さえ踏めば、早稲田の日本史といえども恐れるに足らず。


↓無料資料請求が合格への第一歩!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。