高校3年生からの古文攻略法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
<古文≠日本語と思わなければ勝てない!>

さて、古文の勉強法です。

はっきりいって、今の世の中で何の予備知識もなく古典文章を読んで理解できる人は一人もいません。

考えてみれば、若者言葉を大人が理解できないのと同じことです。

その単語がどんな意味を持っているのが、どんなニュアンスで話されているのか。それを覚えることが第一です。


とはいえ、それだけでも問題が解けるようになれません。


古文の学習過程としては

①単語を覚える(理解する)

②古文常識と呼ばれるものを理解する(当時の生活背景、習慣など)

この2つで文章をとりあえず読めるようにします。

英語で言えば、単語、文法、構文を勉強するようなものです。


そして、次に問題の解き方(解法)を理解します。

おススメの参考書がこちら。





「古文解釈の方法」(駿台文庫)


これをやる前とやった後で、天と地ぐらいの差が出ました。

それまで単語を覚えても、古文常識を理解しても「なんとなく」わからなかったところが、きっちり理解できるようになりました。

古文の問題も「解き方」があります。それをわかりやすく教えてくれる一冊。

ちょっとだけ解説は難しかったんですが、それを補ってあまりある名著です。


これをだいたい夏休みいっぱいで終わらせました。ここまで進めばあとは問題演習に進むだけ。やはり基礎固めは夏休み、ですね。


↓無料資料請求が合格への第一歩!
通信教育のZ会



↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
投稿者:-(2012年10月03日 00:21)[編集]
▼ 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。