受験で大逆転は可能か?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
「志望校が母校になる!」ってCMコピーに惹かれたのは中学生の時でした。


この言葉がなんだか妙に心に残ってます。

某YゼミナールのCMでしたが。


さて、前回の記事から少し間が開いてしまいました。

世の中はまだまだ地震がどうなるかわからない状況。

被災された東北地方の方には改めてお見舞い申し上げます。

まずは生活を立て直すことが第一でしょうが、決して夢をあきらめずにまっすぐ歩んでください。

「頑張れ」とは言いません。

一歩一歩、前に歩める日がくることを願っています。


とは言え、それ以外の地域でも地震が頻発しています。

しかも、だんだん範囲が広がっているような・・・。

こんな状況で受験勉強に集中するというのも、正直難しい状況ですが、とはいえ時間は待ってくれません。


困難な状況だからこそ、自分の未来をしっかりと見据えていきましょう!



さて、前回からのテーマは「受験で大逆転は可能か?」ということでした。


結論から言えば、「できる人はできる」ということ。


ここの心持ちが受験で一番大事だと思うのですが、おおむね受験で上手くいかない場合は勉強を「していない」場合。

要は必要な知識が身についていない状況なんです。


そして、現役生の場合は浪人生と比べても不利な状況が多いです。知らない分野も多いですし、知識の定着も完璧じゃない。

でも受験は冬。

つまり、冬までに必要な知識を身につければ勝てるわけです。

まだまだ半分くらいしか知らない夏に偏差値50でも、本番で必要なだけの知識を身に着けていれば勝てます。


よく「スランプだぁ」なんて言うことがあります。


でも「スランプだ」なんて騙されないでください。


ただ、必要な知識を知らないだけです。覚えて、そしてその知識を使えるようになれば終わりです。

その積み重ねが受験勉強です。良し悪しは別として。


だからこそ、夏、秋の偏差値に騙されずに。もちろん、その瞬間の学習到達度の目安にはなりますが。


思うように偏差値が上がらないからと言って、スランプだと思わないこと。

そして、ただひたすら前を向いて勉強していくこと。

これが最終的な逆転への第一歩になるわけです。

↓一応宣伝してますが、もし興味があったらまずは資料請求だけでもしてみることをおススメします。






↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。