古文の解き方・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
①単語を覚える

②古文の常識を覚える


さて、ここまでだいたい1ヶ月くらいです。
(それ以後も随時確認はしてくださいね!)


ここから先はいよいよ問題演習。

・・・ですが、むやみやたらに問題に取り掛かっても、
どうすればいいかわからない!?なんてことは良くあります。

単語も常識も覚えたのに・・・、どうして!?


それは「解き方」があるから。そして、それをマスターするのに
おススメなのがこちら。


「古文解釈の方法」(駿台文庫)


大げさじゃなく、冗談じゃなく、「目から鱗」が落ちました。

いままで何となく分からなかったところがスッキリ!

でも、この本は解説がちょっと難しいので、じっくり取り組む必要があります。

やっぱり1ヶ月くらい。でも、それだけの価値はあり!


どこをどう読めば問題が解けるのか。そのポイントをズバッと抑えます!



はっきり言って、これまでの流れをしっかりやれば、センター試験レベルなら
問題なし。難関私大へここから対応するには、あとは問題演習。

アウトプットできるようになれば完璧!あと一歩ですよ!!
スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。