あきらめない心

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
今更感のある話題ですが、この2011年7月。「なでしこジャパン」がW杯で優勝しました!

これは本当に快挙と言うべきことだと思います。


受験勉強で見てない方ももしかしたら多いかもしれませんが、とにかく熱かった。感動しました。


さて、さんざんニュースやワイドショーなどで報道されていますが、今回のW杯はとにかくミラクルな試合が多かったわけです。

とはいえ、以前から日本女子サッカーが強かったわけではありません。


以前はW杯で大敗したことも多々・・・。全く歯が立たない時期もありました。1勝するのが夢、なんて時期もありました。


しかし、それが見事な優勝。しかも決勝は世界ランキング1位のアメリカ相手に2度追いついてのPK戦。

圧倒したわけではないものの、粘り強く喰らい付き、世界トップのチームと「互角」の戦いをW杯決勝で見せたことは隔世の感があります。


受験勉強となでしこジャパンを無理やり結びつけるつもりはありませんが、それでも示唆に富む2つの事実があるのではないかと。


1.どんな状況になってもあきらめない。
 →2度も点数を入れられても、残り時間が少ない中あきらめない姿勢が2度の同点劇を生みました。
  もちろん、技術や体力など賞賛する部分はたくさんありますが、何よりもあきらめない心に日本中が感動したわけです。

2.自分たちの武器を磨く
 →外国勢はとにかくフィジカルの部分が強かった。当たり負けもしますし、走り合いにも勝てない。
  そこで日本の武器である「テクニック」を磨いた。その結果が見事なパスワークであり、芸術的なフリーキックとなって結果を出しました。


この2つの事実はサッカーだけではなく、いろいろなところでも参考になることなのではないか、と。


もちろん、受験勉強でも。得意科目「だけ」をやればいいわけではないのですが、得意な科目を作って、そこを伸ばしていくことは非常に大切です。それが自分たちの自信にもつながるわけです。


そして、最後まであきらめない心。なでしこジャパンも大会前の親善試合でアメリカチームに2連敗しています。

しかし、そこで見つけた課題や通用した部分をしっかりと学び、決勝の戦いぶりがありました。

もちろん、受験勉強でも調子が上がらないことや、模試の結果が思わしくないこともあるかと思います。

そんな時こそ、なでしこジャパンを思い出して、自分なりに頑張っていきましょう!


来年の2月に自分だけの花が満開になることを信じて。

これは本当に真理だと思っています。今も、そしてこれからも。

↓悩んだら、まずはクリック。そして無料資料請求をどうぞ!

通信教育のZ会





↓ブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 早稲田生が教える!地方からの早稲田大学現役合格作戦!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。